陽だまりの休息の特徴とは

陽だまりの休息の特徴

 

陽だまりの休息は従来の布団が肌に合わない、不眠症に悩んでいる方に作られた布団になりますが、特徴的な部分がたくさんあり、一般的な布団と違った部分が多いです。

 

まずどのような点で違うかと言いますと、従来の布団よりも約30%ほど重量をカットしており、掛け布団も軽いので冬でも重さを感じさせません。
羽毛布団も軽いかもしれませんが料金的な面での問題もありますし、重さ約1kgも軽減した陽だまりの休息は魅力的と言えます。

 

ただ軽いだけではなく、寝相が悪い方でもフィットしやすいようにつくられていまして、布団自体がズレにくいようになっています。
寝相が悪いと朝起きると布団がめちゃくちゃになっていた、どっかにいっているということがありますが、立体構造になっており、自分がその中に入っているような空間が作り出されていますからズレにくく、寝相が悪くても乱れないようになっていまして、いつまでもポカポカとした空気に包まれていることができます。

 

 

何故陽だまりの休息が立体構造になっているかと言いますと、布団の模様や凸凹を見てもらったら分かると思いますが、独特の波を打っているかの模様をしています。
これは眠っている人がどんな動きをするか研究をして、その動きに合わせて作られたものとなっていまして、ちょうど身体にフィットするようにしてあるのです。
布団の中央に行くほど膨らみがあり、外に行くほど絞られていまして寝相が悪く暴れたとしても常にフィットするようになっています。
この立体構造になる模様のことをボディフィットキルト構造と呼んでいまして、陽だまりの休息の大事な部分となります。

 

 

また特徴的なのは使用している時だけではなく、洗濯する時も洗濯しやすいようになっています。
従来の布団だと縮みやすい生地を使っていることから洗濯は難しいのですが、こちらは洗濯することも容易に可能となっています。
肌にやさしい材質ですし、抗菌やノンダスト対策もしており、羽毛布団のような動物性繊維ではないですからアレルギーの心配もないでしょう。

 

もう少し細かい点を言いますと、光電子を素材にしていますので自然な保湿効果が発生し、ドライでいつも快適であり自然な温かさで身体に優しいのです。
このように自然な熱で身体を温めて、寝相の悪い方でも寝やすいようにして熱を逃さないのですし、材質も身体に優しいものになっていますから不眠症の方でも安心して使用ができる布団となっています。