大切な布団選び

腰痛を抑えるために大切な布団選び

 

腰痛を感じている時には布団を疑ってみた方が良いかもしれません。寝姿勢が良くなかったり睡眠の質が落ちているようですと痛みを感じ易くなりますし、それが布団を変えてみることによって症状が良くなることもあるのです。

 

 

快適な睡眠の為の布団選びのポイントがありますが、大切なのが適度な弾力で体を支えられるかどうかです。睡眠の質を良くする為には立った時の姿勢のように自然なS字カーブを描くことが大切なのですが、柔らか過ぎたり硬過ぎる布団ですと無理な姿勢になってしまうのです。

 

その状態が続くことによって腰に負担が掛かって痛くなってしまいますし、さらには肩や首などの痛みにも繋がってしまいます。ですから体重を支える硬さがありつつも適度な弾力がある布団を選ぶのが基本です。
寝返りの打ち易さもポイントのひとつと言えます。

 

眠っている時に寝返りが多いのは眠れていない証拠と思われてしまうこともありますが、しかし寝返りは体圧を分散する為にも大事なことです。ところが布団によっては寝返りを打ち難く、部分的に圧が掛かって腰が痛くなってしまうこともあります。近頃では低反発素材が人気となっていますが、低反発ですと沈み込みが強過ぎて寝返りが打てなくなることもありますので注意しましょう。
体温や湿気を上手く逃がしてくれる素材が使われているかどうかも重要なポイント。

 

例えば暑かったりジメジメするようですと寝苦しさを感じてしまうものですが、そのような寝苦しさというのはストレスに繋がってしまいます。脳がリラックスして休むことができなくなりますからしっかりと眠ったつもりでも目覚めが悪かったりするのです。そうした質の悪い睡眠では疲労物質も抜け難くなりどんどん疲れも蓄積されていきますので、結果的に眠っても腰痛が消えない状態に陥ってしまいます。痛みをなくす為には睡眠の質をアップさせ新陳代謝を良くすることが大事ですから、その為にも体温や湿度調整ができる素材が用いられている布団を選ぶのが大切と言えるでしょう。